2018年 7月 19日 (木)

「無断撮影の是非」芸能人でも意見分かれる 「嫌なものは嫌」VS「しょうがないでしょ」

印刷

   お笑い芸人の小籔千豊さん(40)が、芸能人への「無断撮影」をテレビ番組で批判した。この1か月でもきゃりーぱみゅぱみゅさん(21)や市川海老蔵さん(36)らが、買い物や移動中に無断撮影されたと明かしている。

   ただ、「芸能人なんだから、しょうがない」「公人だから当然」という反対意見も少なくない。また、ネット上でも意見は二分している。

「公のお金で飯食ってない」

撮影には「覚悟」が必要?(画像はイメージ)
撮影には「覚悟」が必要?(画像はイメージ)

   2014年7月11日の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)は、「『芸能人が無断撮影をがまん』はどう思う?」がテーマだった。ゲスト出演者は番組冒頭、

「がまんしない。嫌なものは嫌」(千秋さん)
「芸能人なんだから、しょうがないでしょ、それは」(山路徹さん)
「芸能人は『公人』ですから当然です。よろこんで(写真撮影を受ける)」(松居一代さん)
「『がまんせなあかん』(ということについて)、ちゃんとした論理的意見なら聞かせてもらいたいと思います」(小籔さん)

と、それぞれの立場を示して、トークに入った。

   「公人」とは政治家など、公職についている人のことを指す。小籔さんは「公のお金で飯食っているわけじゃありません」と松居さんに反論。「それだけ好かれているんだから」といった街の声も、「(その理屈が通用するなら)きれいな女の人の乳さわってええんかい」と一蹴する。

   千秋さんはテレビ局などでは「仕事」だから良いが、プライベートは「勝手に撮られるのは嫌」という。司会のバナナマン・設楽統さんは「小籔さんの熱量まで反対ではないし、松居さんほど寛容ではない」というケース・バイ・ケースの立場をとる。

   山路さんは無断撮影を「職業的リスク」と考え、きゃりーさんのケースは「受け入れなきゃ、しょうがない」とする。「みなし公人」である芸能人は、芸能人になろうとした時点でプライバシー侵害のリスクを考えるべきで、無断撮影は「人気のバロメーター」だとした。なお番組で紹介された街頭アンケートでは、40人中22人が「芸能人にプライバシーはない」と答えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中