2019年 3月 26日 (火)

「重大な相違点あります。あまりに取材不足」 不妊治療クリニックが「とくダネ!」告発! フジ「話し合い中」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   昨今、不妊に悩む男性が増えているという。2013年に発表されたフランスの調査では、1989年から2005年までの17年間で、男性の精液1mLに含まれる精子の数が年1.9%の割合で減少しているという結果も出た。

   フジテレビ系の情報番組「とくダネ!」でも男性の不妊治療が特集されたのだが、この内容に「重大な相違点」があるとして、特集で取り上げられたクリニックの医師が猛反論している。

番組に登場した医師「全く監修にかかわっていない」

   14年7月14日の「とくダネ!」は、「精子に異常!?不妊治療最前線」と題した特集を放送した。

   郵送で送られてきた精液を検査するという、名古屋市内の「精子郵送検査会社OES」の業務や、大阪市の生殖医療専門クリニック「リプロダクションクリニック大阪」で不妊治療を受ける1組の夫婦に注目した内容だった。

   放送後、番組でも実名で紹介されたリプロダクションクリニック大阪の石川智基医師が、「心配していたことが、、」というタイトルのブログを更新した。

   「『とくダネ!』の中の当院が取りあげられている内容に関しまして、事実と異なる点や、説明の不足、他会社と当院で行っている検査などを混同され兼ねない点など、重大な問題がありました」。さらに「私自身全く監修にかかわって」いないという。

   まず、「郵送の精液検査は絶対ありえません」。時間が経つと精子の形態が変わり、正確な運動率も出ず、精子の有無しかわからないという。OESでは常温で郵送された精液が冷蔵機能の付いたポストに入れられるとのことだったが、精液は32~34度で保管するのがベストで、「冷蔵するのはダメです。さらに郵送は常温で郵送後に冷蔵などもっての他」と指摘している。「今回の前半部分はあまりに取材が不足していると言わざるを得ません。抗議対象になり得る内容です」と糾弾した。

   そのほか、男性不妊治療医が45人とのナレーションには「ありえません。認定されている専門医が45人なのです」。クリニックの患者として紹介された、精子死滅症の男性の精液検査の映像については「無精子症に見えてしまいます。精子がいるが動いていない、という映像を使うべきでした。その映像は当院から提供してありました」など、放送内容について細かい指摘を連ねている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中