2018年 7月 18日 (水)

ベネッセ、情報漏えいで補償200億円 

印刷

   ベネッセコーポレーションの顧客情報が大量に流出した問題で、親会社のベネッセホールディングス(HD)の原田泳幸社長は2014年7月17日夕方会見し、200億円の原資を準備して顧客に補償を行うと発表した。過去の事例を参考にしながら、金券、お詫びの品、学費の減額など具体的な補償内容を詰める。

   ベネッセHDの14年3月期の連結決算では売上高が4663億9900万円、営業利益が358億3000万円、最終利益が199億3000万円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中