2018年 8月 21日 (火)

「チキンマックナゲット」に使用期限切れ鶏肉混入 中国の食品会社製造分か

印刷

   日本マクドナルドは2014年7月22日、定番商品の「チキンマックナゲット」に一部使用期限切れ鶏肉が使われていた恐れがあることを発表した。

   発表によると使用期限切れ鶏肉が使われていたとされる「チキンマックナゲット」は中国の食品会社「上海福喜食品有限公司」(上海市)より輸入したもので、全体の2割を占めるという。

   20日の現地メディアによる報道を皮切りに、21日には国内マスコミ各社もこの一件を揃って報じた。

   21日をもって該当の「チキンマックナゲット」は販売中止となり、現在は他の企業が製造したものに切り替えて販売されているという。

   日本マクドナルドは「上海福喜食品有限公司」への発注を中止するとともに、直ちに事実確認の調査を行うとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中