2018年 10月 19日 (金)

舛添都知事、一部五輪会場の千葉移転を検討

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2020年東京五輪・パラリンピックに向けて会場計画の見直しを進めている東京都の舛添要一知事は2014年7月22日、会場の一部を千葉に移す可能性があることを明らかにした。

   視察に訪れた千葉市内で「千葉、埼玉、神奈川も含め、近隣県の協力をいただきたい」とし、場合によっては千葉県の競技施設を使う可能性もあると話した。

   関係者の話として報じられているところでは、五輪のヨット・セーリング会場として新設予定の「若洲オリンピックマリーナ」(江東区)の設備費が想定を上回ることから、都は「稲毛ヨットハーバー」(千葉市)に変更することを検討しているという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...