2018年 7月 16日 (月)

九十九里浜、砂不足で海水浴場激減

印刷

   九十九里浜(千葉県)の海岸浸食が深刻化し、海水浴場が減少していると、読売新聞のウェブ版「YOMIURI ONLINE」が2014年7月22日に報じた。かつて36か所あった海水浴場は22か所まで減ったという。

   原因は1960年代に消波堤を設けたことで、岩場が削られなくなり、砂の供給が減ったこと。千葉県横芝光町の「木戸浜」では約360メートルあった砂浜の幅が、約100メートルにまで減少。水深が深くなり危険と判断され、11年に海水浴場の開設を中止。14年にも再開を目指したが断念した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中