2018年 11月 13日 (火)

米NSA、一般人のヌード写真を覗き見 スノーデン氏「ザ・ガーディアン」に語る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米国家安全保障局(NSA)は一般ユーザーの通信記録を傍受し、恋人同士の会話や彼らの秘密のヌード写真まで覗き見ている――。英紙ザ・ガーディアンが行った元CIA職員のエドワード・スノーデン氏へのインタビューでそんな衝撃の実態が明らかになった。

   若い職員によって日常業務の一環として行われているという。

「プライベートな記録すべてにアクセスできる」

   NSAが傍受した通信記録の9割が、法律上の監視対象だった外国人ではなく、一般のインターネットユーザーだったと、2014年7月上旬に米ワシントンポスト紙が報じたばかりだ。スノーデン氏が提供した記録をもとに調査を行い、恋人同士の会話などプライバシーに関わる内容が多くあったと報じられた。

   7月17日にザ・ガーディアンがウェブに公開したインタビュー動画では、NSAで行われている覗き見についてスノーデン氏が語った。18歳から22歳ぐらいの年齢でNSAに入って来る若者によって私生活が覗かれている。

「彼らは突然プライベートな記録すべてにアクセスできる、とてつもなく重大で責任のある立場に置かれます。日常業務の中で仕事にまったく関係ないものに出くわすことがあります。例えば、性的に不名誉な状況での私的なヌード写真です」

   写真を発見しただけで終わらず、それを同僚の間で回覧するという。

「彼らは椅子を回転させて同僚に見せます。そして同僚は『おおこれはすごい。ビルに送ってやれよ』と言います。ビルはジョージに送る。ジョージはトムに。早かれ遅かれこの人の生活は他の人にも見られます」

   スノーデン氏はヌード写真が回覧されるのを何度も目撃したが、これらの行為は決して報告されないそうだ。「システムの監査が信じられないほど脆弱で、誰もそうした行為があるとは知らない」としている。

「監視する立場の特典」

   スノーデン氏は、

「あなたのプライベート画像、私生活の記録、親しい人と過ごした記録が、特定受信者のストリーム通信から抜き取られ、特別必要もないのに何の許可もなく政府に渡されるのは、それ自体が権利の侵害です」

と訴えている。こうした行為は同僚にもよるが日常的に行われ、「監視する立場の特典として捉えられている」。

   ニューヨークタイムズの取材に対してNSAの広報担当者は、「職業上の基準や権限に関する意図的な違反は容赦せず、信頼できる不正行為の情報については適切に対応していく」と答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中