吉野家に中小企業庁立ち入り検査 増税分未払い

印刷

   吉野家ホールディングスは2014年7月25日、4月の消費税率引き上げ後に増税分の未払いがあったとして、中小企業庁の立ち入り検査を受けていることを明らかにした。

   発表資料によると、牛丼チェーン「吉野家」の店舗の賃借料を所有者に支払う際、一部で増税分の金額が含まれていなかったという。吉野家ホールディングスは謝罪したうえで、「再発防止に向けて、社内体制の整備のために必要な措置を講じてまいります」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中