2018年 11月 15日 (木)

最低賃金16円上げ、14年度平均 生活保護との逆転現象解消へ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   すべての企業が従業員に払う最低限の時給を定める2014年度の最低賃金が、全国平均で780円と、前年度の実績から16円引き上げられることになった。厚生労働省の中央最低賃金審議会が2014年7月29日、全国平均の目安をまとめ、田村憲久厚生労働相に答申した。これに基づいて、地方の審議会が都道府県ごとの最低賃金を決め、10月をめどに適用する。

   引き上げ幅は13年度を1円上回り4年ぶりの大きさ。過去20年でも2番目の大きさとなる。

   一方、これにより最低賃金の手取り収入が生活保護を下回る「逆転現象」が全国で解消する。13年度には北海道、宮城県、東京都、兵庫県、広島県の5都道県で、逆転現象が起こっていた。生活保護費との開きが最も大きい北海道で11円だったが、今回の大幅な最低賃金の引き上げで、解消することになった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中