東京五輪、2会場見直しへ 空域と大腸菌を懸念

印刷

   東京都の舛添要一知事は2014年7月30日、20年東京オリンピックでの競技会場を一部見直す可能性を示した。問題視されているのはトライアスロン(お台場海浜公園)と、セーリング(若洲オリンピックマリーナ・新設)の2会場。

   お台場上空は羽田の管制空域にふくまれ、競技撮影用ヘリが飛ぶには制限がある。またトライアスロンのスイムが行われる東京湾には、大腸菌が多く繁殖しているため、舛添知事は「汚いんじゃないのか」と報道陣に話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中