2018年 9月 19日 (水)

ディック・ブルーナさん、活動休止 「ミッフィー」生みの親

印刷

   ウサギの女の子のキャラクター「ミッフィー」の生みの親で、オランダの絵本作家、ディック・ブルーナさん(86)が2014年7月30日に活動中止を発表した。現地メディアが報じた。新しいキャラクターは今後もう出さないという。

   ミッフィーは1955年に誕生。絵本は全世界40か国の言語に翻訳され、世界中で親しまれている。その後、絵本のみならずキャラクターグッズ、ミュージカル、映画、そしてアニメにもなった。ブルーナさんの出身地であるユトレヒト市にはミッフィーの銅像や博物館もあり、毎年多くの観光客が訪れる。

   ブルーナさんは1927年に出版社オーナーの息子として生まれ、デザインやイラストの創作活動を行ってきた。シンプルな線と明るい色使いで独自の描写スタイルを確立。日本の絵本作家やデザイナーにも多大な影響を与えたと言われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中