イタリア警察、野村HDの資産135億円を押収

印刷

   イタリア財務警察は、日本の証券大手、野村ホールディングス(HD)の英国法人の野村インターナショナルの資産約9800万ユーロ(135億円)を差し押さえたと、2014年7月28日に発表した。ロイター通信などが報じた。元社員とシチリア州とのデリバティブ(金融派生商品)取引で詐欺行為があったとされる。

   財務警察によると、一連の取引でシチリア州が被った損失は1億7500万ユーロ(約242億円)。野村の元社員4人と外部コンサルタント3人を詐欺容疑で捜査。財務警察はこの7人からも合計650万ユーロを押収した。

   野村HDは「当時の状況を再調査しており、この問題についての捜査に協力する」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中