2018年 8月 20日 (月)

佐世保同級生殺害事件 児童相談所が通報を放置

印刷

   長崎県佐世保市の高校1年生による同級生殺害事件で、2014年6月、逮捕された女子生徒(16)に関して長崎県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)に通報が寄せられていた。毎日新聞などが報じた。

   毎日新聞の報道によると、相談は6月10日に電話で寄せられ、「生徒の名前は言えないが高校1年生の女子に関する相談がしたい」との内容だったという。同センターは相談者にアドバイスをしたが、一時連絡がつかなくなり、事件後、相談者に確認したところ殺人容疑で逮捕された少女に関するものと判明したという。

   スポーツ報知の報道によると県は「生徒の氏名が匿名だったため事件前に対応できなかった」と話したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中