「STAP細胞を必ず再現して」 理研・笹井氏が小保方氏に遺書残す

印刷

   STAP細胞論文問題で、自殺した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(52)が、小保方晴子ユニットリーダー(30)あてに遺書を残していたと、新聞各紙が2014年8月5日に報じた。

   それによると、遺書では、指導役の責任を果たせなかったことを謝罪し、「あなたの責任ではない。STAP細胞を必ず再現してください」との内容が書かれていた。理研の施設内で笹井氏が首を吊った現場には、遺書が3通入ったかばんが置かれてあり、その中の1通だったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中