2018年 10月 21日 (日)

コメの輸出5割増、1~6月 和食ブームに円安が追い風

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2014年のコメの輸出量が前年を5割上回る、過去最高のペースで伸びている。農林水産省が8月8日に発表した1~6月のコメの輸出数量(援助除く)は1880トンで、前年同期に比べて49%増えた。海外の和食ブームに加えて、円安や国内価格の下落でコメの内外価格差が縮小したのが追い風となっている。

   1~6月の輸出単価は1キロ320円と、前年比4%低下した。近年は海外の寿司向けなどで競合するとみられるカリフォルニア州産の中粒種の4~5倍台の水準で推移したが、足元は3.3倍に縮小している。干ばつによるカリフォルニア米の値上がりも背景にあるとみられる。

   コメの輸出が増えているのは、国内消費の減少や価格の下落で生産者が輸出に活路を求めようとしているのも背景にある。これから収穫が本格化する14年産米の輸出はさらに増えるとみている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...