2018年 9月 20日 (木)

次期政府専用機は777型機 整備はANAが担当

印刷

   政府は2014年8月12日、2019年度に導入する次期政府専用機の機種をボーイング777-300ER型機に決めたと発表した。現行のボーイング747-400型機の機体整備は日本航空(JAL)に委託してきたが、777では全日空(ANA)に変更する。

   現行の政府専用機は1993年に導入。老朽化が進んでいたうえ、JAL・ANA両社が747型機の運航をすでに打ち切っていたため、後継機の選定が急がれていた。両社ともに777の導入を提案していたが、同型機を多く保有するANAの方がコスト面で有利になった可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中