2021年 6月 17日 (木)

甲子園西嶋投手の超スローボールは「世の中を舐めている」 岩佐フジテレビ元アナ、ツイッター発言で袋叩きに

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「遊び心で使っている」と考える専門家も

「こいつ何様?」
「老害発見」
「ええ大人が夢抱く球児に向ける発言ちゃうやろ?」

などといった非難とともに、西嶋投手の超スローボールはコントロールを伴った投球技術だ、とか、人と違うことをするのがどうして世の中を舐めることになるのか、頑張っている高校球児を貶めるような発言は許せない、などといった苦情が殺到した。岩佐さんはこれに対し、

「ウへ、恐ろしい。袋叩きに遭ってる。攻撃してるわけじゃなくて、こういうのはやだねえ・・・と、感想を述べてるだけなんだが。」

と弁解したもののネット上でもなかなか騒ぎは収まらなかった。

   専門家は西嶋投手のピッチングをどう見ているのだろうか。元朝日新聞記者で高校野球のテレビ解説経験も豊富なスポーツジャーナリストの岡田忠さんは、

「私は甲子園大会を30数年以上取材してきましたが、あのようなふざけた球を投げるピッチャーを初めて見ましたよ」

と打ち明ける。「ふざけている」というのは、スローボールを投げるフォームをバッターに見せてそのままスローボールを投げていること。スローボールというのは、普通、早いストレートを投げるフォームから繰り出すから威力を発揮する。だから西嶋投手の超スローボールは本来ならば「武器にはならない」ものだという。だから、バッターとの間を外すためだったり、余裕があることを見せつけるパフォーマンスだろうとし、

「遊び心で使っていると思いますから、それを深読みしたり、分析しようとしても意味がないことだと思います」

と分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中