2019年 7月 17日 (水)

山本景府議、LINEで女子中生ばかりと交流 「結果的にそうなった」だけでロリコン説に「ショックです」 

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女子中学生らに無料通信アプリ「LINE(ライン)」上で威圧的なメッセージを送ったことが問題化したことを巡り、山本景大阪府議(34)は2014年8月14日に3度目の記者会見に臨んだ。

   一連の報道によって「小さい女の子に興味があるのでは」との見方も強まっているが、会見ではこれを否定。小学生との会話を綴ったブログを削除したのも「誤解を招く」との懸念があったためだと言い、イメージの広まりに「ショックです」と訴えた。

「最後まで男性のメンバーもいた」

会見後にはブログ記事にも新情報が追加された(画像は公式ブログのスクリーンショット)
会見後にはブログ記事にも新情報が追加された(画像は公式ブログのスクリーンショット)

   8月に問題が報じられると山本府議は「発言は不適切だった」として謝罪した。しかし世論の関心は、威圧的なメッセージ以前にわざわざ女子中学生とLINEで交流していた理由に集まっていた。

   山本府議はこれまで、ブログなどで「府政における情報収集」と説明していた。ところが14日の会見では、LINE上で起きていると聞く「いじめ」の実態を把握するためだったとした。

   実際にLINE上でグループを作り、中学生の輪に入ってみた山本府議は、「キモい」「死ね」といった言葉が飛び交っていること、気に食わない相手をグループから退会させて締め出してしまうことが日常的に行われていることを知ったという。

   それでも途中から女子中学生ばかりと交流している形になったことには疑問が残る。これに山本府議は、結果的にそうなっただけだと釈明した。

   LINEのアカウントしか手がかりがないので性別を確認したわけではないが、グループには当初男女どちらもいたそうだ。しかし、グループでは悪口などを書かないというルールを設けていたため、山本府議はそうした言葉を使った中学生を退会させていった。

「そういった言葉を使うのって男性と女性どちらが多いかっていうと圧倒的に男性なんですね」

と断定的に述べた後、

「結果として女性の方がウエイトとしては多くはなりましたけど、最後まで男性のメンバーもいました」

と、意図的に女性を残したわけではないとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中