「超スローボール」批判の岩佐フジテレビ元アナ 「世の中をなめた」部分は余計、本人に直接謝罪も

印刷

   夏の全国高校野球を賑わせている東海大四高校・西嶋亮太投手の「超スローボール」について、ツイッター上に感想を投稿し炎上状態となった元フジテレビアナウンサーの岩佐徹さんが2014年8月18日、ブログを更新した。

   「ツイッター炎上!~詫びるしかない~」と題し、ツイートに至った理由や真意を説明した。だが、長々と語る内容にインターネット上では「言い訳にしか聞こえない」などと冷めた見方が多く、納得は得られていないようだ。

自身の考える「投球術」を説明

18日、自身のブログを更新(画像は岩佐徹さんの公式ブログ)
18日、自身のブログを更新(画像は岩佐徹さんの公式ブログ)

   甲子園第4日目の8月14日、岩佐さんは東海第四の西嶋投手が放った超スローボールについて、

「東海大四のピッチャーのスローカーブ…ダメとは言わないが、少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも。こういうことやってると、世の中をなめた少年になって行きそうな気がするが。ハハハ」

と、批判とも受け取れる感想をツイッター上に投稿した。

   すると岩佐さんのアカウントには「緩急をつけることは投球術」「スローボールを投げると世の中をなめた人間になるのか?」といった反論が数多く寄せられ、炎上状態に。翌日の15日には「言葉が足りない部分と、逆に余計な部分がありました」として謝罪し、該当ツイートを削除した。

   その後も批判が収まらなかったためか、18日にはツイートで意図していたことをブログで詳しく説明した。

   岩佐さんは、西嶋投手が4回裏先頭3番打者への1球目で放ったテレビ画面から見切れるほどの「超スローボール」について、「ルールに違反していないし、選択肢としては『あり』だと思います。投げること自体に反対しているのではありません」と一定の理解を示し、その目的についても「意表をつくこと、相手を撹乱すること、緩急をつける一環…」などと推測する。だがそれでも「高校生のテクニックとしてどうだろう?」との感想を持ったそうだ。

   自身の考える「投球術」については、こう説明する。

「球種を変え、投球のテンポを変え、緩急、高低を使って内外角に投げ分ける。打者の読みを外しながらこれらを組み合わせていく…私がイメージする『投球術』とはそういうものです」

   その上で「『ほら見ろ。緩急を使うのは投球術じゃないか』と言われそうですが、私が言いたいのはあの『スローボールを投げること=投球術』ではない…ということです」と、今回の例に限定した話だということを強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中