2018年 8月 18日 (土)

木田元さん死去 ハイデガー研究の第一人者

印刷

   日本におけるハイデガー研究の第一人者として知られる哲学者で、中央大名誉教授の木田元さんが2014年8月16日、肺炎のため千葉県船橋市の病院で死去した。85歳だった。

   山形県出身。幼少期を旧満州(現中国東北部)で過ごし、海軍兵学校時代に終戦を迎えた。山形県立農林専門学校在学中にドストエフスキーなどの作品から影響を受け、東北大で哲学を研究。長らく中央大教授を務めた。

   20世紀を代表するドイツの哲学者、ハイデガーの主著「存在と時間」を独自に読み解いた「ハイデガー」を刊行。他の著書に「現象学」「反哲学史」、「メルロ=ポンティの思想」「反哲学入門」、エッセー集「ピアノを弾くニーチェ」、自叙伝「闇屋になりそこねた哲学者」などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中