Windowsアップデートで起動しなくなる不具合 問題発生しなくてもアンインストール推奨

印刷

   マイクロソフトが2014年8月13日に公開したWindowsの更新プログラムを適用すると、PCが異常終了したり再起動できなくなったりするトラブルが発生している。同社の運営するブログTechNet Blogsで「日本のセキュリティチーム」は、「2982791」「2970228」「2975719」「2975331」の4つの更新プログラムをインストールしている場合、問題が発生する可能性があるという。ブログ内で問題が発生したとときの対処策を説明しているほか、問題が発生していなくても予防的措置として該当プログラムのアンインストールを推奨している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中