2019年 9月 23日 (月)

日テレ放送の「エヴァ」劇場版に非難殺到!!! 「削除シーンが多すぎる」「何のため深夜に放送したんだ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「最低だ、日テレって」「やっぱカットしたな!!モゲシーン!!」 1990年代に大きな社会現象を巻き起こしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。日本テレビでは「エヴァまつり」と題しエヴァの新旧劇場版を放送中だが、1997年に公開された地上波初登場となる「THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」のテレビ版が、2014年8月26日午前2時14分に始まると、ツイッターでは、エヴァに関わったクリエイターまでもが非難の声を上げることになった。

   「自主規制」と思われ、重要なシーンが次々削除されただけでなく、画面が真っ黒になり音声のみといったトンデモ展開が多数あったからだ。

放送途中で何度も画面が真っ暗になった

   エヴァ関連のイラストで知られる深野洋一さんは、放送を見ながらツイッターでこんなことをつぶやいた。

「やっぱカットしたな!!モゲシーン!!」」

   そして、今回は関東ローカルでの放送だったが、全国のエヴァファンに見てもらいたかった、とこう皮肉った。

「上映された1997年で許された『表現』がこの2014年でどれだけのシーンが閲覧不可になったのか、その削除&隠し表現方法も時代を反映した稀有なTV放送版でした」

   まず、何かの故障や事故があったかのように放送途中で画面が真っ暗になり、音声だけ流れるということが何度もあった。映画で流れていたはずの動画が静止画に替わっている部分もあった。物語を象徴するようなシーンも無くなっていた。ネットでは、

「地上波で放送する意味があったか?」
「何のために深夜でやったんだよ」
「死がテーマの映画なのに、テーマ全否定するなら放送するな。なにがエヴァ祭りだ」

などと不満が爆発した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中