2019年 1月 17日 (木)

朝日新聞「猪瀬氏5000万円」報道などに新聞協会賞

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本新聞協会は2014年9月3日、14年度の新聞協会賞を発表し、編集部門では朝日新聞社の「『徳洲会から猪瀬直樹・前東京都知事への5000万円提供をめぐる一連のスクープ』と関連報道」など5件が選ばれた。朝日新聞が編集部門で受賞するのは3年連続。

   朝日新聞は猪瀬氏が12年12月の都知事選前に医療法人「徳洲会」グループから5000万円の提供を受けていた事実を13年11月22日に報道。この報道がきっかけになって猪瀬氏は13年12月に任期途中で辞任に追い込まれた。東京簡裁は14年3月公職選挙法違反(虚偽記入)の罪で罰金50万円の略式命令を出すなど、刑事責任を問われる事態にも発展した。

   朝日以外には「潮路はるかに 慶長遣欧使節船出帆400年」(河北新報社)、「『太郎さん』など認知症の身元不明者らを巡る『老いてさまよう』の一連の報道」(毎日新聞)、「東日本大震災・東京電力福島第一原発事故 原発事故関連死 不条理の連鎖」(福島民報社)、「『温かな手で―出産を支える社会へ』キャンペーン」(信濃毎日新聞社)が受賞した。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中