2019年 5月 25日 (土)

上智大生殺害事件 犯人とほぼ一致の血液が布団に付着

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   上智大4年の小林順子さん(当時21)が東京都葛飾区の自宅で1996年に殺害、放火された事件で、殺害された小林さんに掛けられていた布団に血液が付着しており、警視庁亀有署捜査本部がDNA鑑定した結果、玄関付近で見つかったマッチ箱に付いた「血液型A型の男」の血液とDNA型がほぼ一致していたことがわかった。2014年9月4日、毎日新聞が報じた。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中