2018年 8月 20日 (月)

ミニスカ制服女子の部屋に入り込むゲーム ネット興奮、「ソニー製品で久々に欲しいと思った」

印刷

   女子高生の部屋に入って二人っきりになる――そんな感覚を味わえるゲームが開発されている。ヘッドマウントディスプレイを装着すると、三次元の空間で、実在するキャラクターとやりとりしているかのように感じられるという。

   ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが2014年9月1日に開催した「SCEJA Press Conference 2014」で、デモ映像が公開された。

「キャラが『そこにいる』感じがすごい」

news215090_pho01.jpg
「SCEJA Press Conference 2014」アーカイブ

   プレイステーション4向けに開発されているバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」向けのコンテンツで「サマーレッスン」というタイトルだ。バンダイナムコゲームスで格闘ゲーム「鉄拳」シリーズを手掛ける制作チームが担当している。ヘッドマウントユニットを頭に装着すると360度の方向に3D空間が広がり、音声も3Dオーディオ技術が採用されている。

   ディレクターの原田勝弘さんはデモ映像で

「部屋の中にキャラクターが本当に存在しているように見える」「空間にいるプレーヤーをキャラクターがちゃんと認識している」

と特徴を説明した。

   ゲーム画面には、勉強机や細々とした小物が置かれた少女のベッドルームが映し出され、胸元が開放的な夏用ブレザーにミニスカート姿のキャラクターが現れる。プレーヤーの視線に合わせて画面が動き、美少女の本棚で探し物をする後姿や、床に落ちたペンを拾う動作などをじっくりと見ることができる。プレーヤーの首の動きで「YES」「NO」を選び、コミュニケーションをとることも可能なようだ。

   デモ映像の体験者は、左右を見渡したりグイッと体を前のめりにしたりと、目の前に何かが実在するかのように振る舞い、「距離が近くてドキドキしました」「キャラが『そこにいる』感じがすごい」「もう、ずっとここにいたい」といった感想を述べたという。

   原田さんはツイッターで、体験前にネガティブな事を言っていた人が「ごめんなさいこれは凄いです。。」と意見を変えたことがバンナム社内やSCEで何度もあったというエピソードを紹介している。

「イケメン男性キャラだって登場可能」

   日本のネットではこのコンテンツに

「10万までなら出す てか、買うわこれ」
「ソニー製品で久々に欲しいと思った」
「やはり技術は性欲が牽引していくものなんだな」

などと称賛のコメントが相次いでいる。

   一方で、海外からは未成年の女子学生を登場させることに批判的な意見も出始めた。米ビジネスインサイダーの記事によると、「奇妙」「いかがわしい」「女子高生を凝視するための口実だ」といった反発が出た。

   美少女キャラにばかり注目が集まりがちだが、原田さんはツイッターで

「みんなひとつ思い込みしてるかもだけど、女性プレイヤー向けにイケメン男性キャラだって登場可能なわけですよ!」「作ろうと思えばリアル系からアニメ系まで登場させる事が可能」

とさまざまなキャラを登場させられること強調している。「サマーレッスン」はまだ開発段階で、9月18日開催の「東京ゲームショウ 2014」での出展を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中