2019年 5月 23日 (木)

49歳で先発勝ち投手、山本昌は「オバケ」 「投げ過ぎ論争」に一石投じる驚異の身体管理術

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   中日の49歳投手、山本昌が最年長勝利の日本記録を作った。

   2014年9月5日の阪神戦。近頃の投げ過ぎ論争を黙らせるような快挙で、若い投手は愚痴をこぼせなくなった感じだ。

「権藤、権藤、雨、権藤」をもうならせる

本拠地ナゴヤドームで快「投」乱麻の90球
本拠地ナゴヤドームで快「投」乱麻の90球
「オバケだ」

   山本の勝利をこう表現したといわれるのが中日の先輩でもある権藤博氏。投手権藤といえば最初の2年間で65勝を挙げ、その過酷な登板は「権藤、権藤、雨、権藤」とたとえられた御仁で、その男が目を丸くしたのである。

   今季の山本はずっと二軍で調整。阪神戦の勝利は、これまでの最年長記録である浜崎真二の48歳4か月を8か月も更新したことになる。

「49歳になって90球投げるんだよ。すごいよ。若い投手にはピンとこない出来事だろうな」

   谷繁捕手兼監督のコメントである。先発して5イニングを投げ、5安打されたものの、ピンチをすべてかわし、無失点で切り抜けた。同じイニングを投げた同じ左腕の阪神能見は6安打4失点で敗戦投手となり、あまりにも対照的だった。

   山本はあくまでも謙虚だった。

「苦労したけれど、勝ててほんとうによかった。幸せな野球選手です」

   一生懸命に投げる、しつこく投げる、諦めずに投げる――山本のモットーがよく現れていたピッチングだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中