マクドナルド「妖怪ウォッチ」「アイカツ!」で起死回生? 各地から「ありえんくらいの行列」報告続々

印刷

   取引先の中国企業が使用期限切れの鶏肉を使用していたことが発覚し、日本マクドナルドは大きなダメージを受けた。現在は信頼回復に取り組んでいるが「マック離れ」の深刻化は各所で指摘されている。

   そうした中、2014年9月最初の週末にはいくつものマクドナルド店舗で長い行列が見られた。客を呼び込んだのはハンバーガーではなく子供向け商品「ハッピーセット」についた「おもちゃ」だった。

あまりの混雑に通常メニューの購入を諦めた人もいた

「妖怪ウォッチ」「アイカツ!」効果で大盛況?
「妖怪ウォッチ」「アイカツ!」効果で大盛況?

   マクドナルドが9月5日に期間限定商品として発売したハッピーセットには、バンダイナムコグループの人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」「アイカツ!」の限定カードが付いた。

   「妖怪ウォッチ」は、「ポケモン以来の社会現象」とも紹介されるほど子供たちの間で大ブームとなっているコンテンツ。「アイカツ!」は小学低学年女子から支持されているカードゲームで、同じく女児向け作品として過去に大ヒットした「プリキュア」シリーズも上回る人気ぶりだ。

   カードは各6種あり、すべてがマクドナルドオリジナルだ。「データカードダス」というトレーディングカードアーケードゲームで使用できる。

   ハッピーセットの販売がスタートして最初の週末となった6~7日には、限定カード欲しさにいくつもの店舗で長い列ができた。店の外まで続く行列に驚いた人も少なくなかったようで、ツイッターには

「外まで伸びるマックの行列」
「マックにありえんくらいの行列ができとるっ!」
「妖怪ウォッチとアイカツて。。。 マック本気だしたなぁ~」
「マックが大変なことになってたw いつもはほとんどお客いないのに家族連れで大混雑!」

といった報告や写真が続々と寄せられた。中にはあまりの混雑に通常メニューの購入を諦めた人もいたほどだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中