2021年 5月 12日 (水)

写真誌「FLASH」が突然発売中止はなぜ? 米女優の流出ヌード掲載のためか、それとも・・

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

コンビニで入手でき、オークションでは1万円超で取引

   発売中止が発表されたFLASHだが、ツイッターなどでは、コンビニなどで入手できたという報告が相次いでいた。オークションサイトでは、発売中止号に1万円を超える入札価格も付いており、ちょっとした騒ぎになっている。

   そこで、J-CASTニュースの記者が、東京都内で書店やコンビニを回ったところ、いくつかの書店で、FLASH の在庫はあるが発売中止なので販売できないと言われた。コンビニでも店頭に置いていないところはあったが、あるコンビニで発売中止号を買うことができた。

   米女優らの流出ヌード写真を載せたことが問題だったのかについて、光文社の広報室では、「私どもとしては、公式サイトで見解を述べたことがすべてで、それ以外は答えられません」と取材に答えた。報道ステーションの記事を巡って憶測が出ていることについては、「コメントする立場にはありません」とのことだった。

   ただ、外部からの抗議や圧力があったことは一切なく、記事の表記や内容に間違いがあったわけでもないとした。編集部では問題視されていなかったが、発売前日に関連部署に写真誌を回したとき、複数の部署から異論が出て、社内で協議した結果、発売中止を決めたと説明している。

   コンビニなどで販売されていたことについては、「FLASHが店に届いた段階で販売中止と回収をお願いしたので、それが行き届いているかまだ把握できていません。情報を確認中です」とだけ述べた。

   次週号は、予定通り発売するという。今週号の記事については、継続性のある一部コラムは次号で掲載するものの、ほかの記事は新しいものに変える考えだとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中