2018年 11月 15日 (木)

大田区内で猫29匹の不審死 餌入り容器からは有害物質が検出、毒殺の可能性も

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都大田区内で猫の不審死が相次いでいる。2014年4月から8月中旬までに、計29匹の不審死が報告された。

   警視庁は毒殺の可能性もあるとみて捜査を進めている。区職員はパトロールを続けているが、住民からは不安の声が広がっている。

8月18日以降、不審死の報告はないが...

大田区が公開した、有害物質が検出された容器
大田区が公開した、有害物質が検出された容器

   同区の保健所生活衛生課によると、猫の不審死は4月に3匹、6月に8匹、7月に3匹、8月に15匹が報告されている。大森西6丁目と隣接する蒲田2丁目の民家の軒下などで発見されたという。

   いずれも外傷はなく、口から泡を吐いたり、よだれを垂らしたりしていた。発見現場の近くにはキャットフードがあったという情報が寄せられ、8月4日に区立蒲田2丁目児童公園で有害物質が検出された餌入りの容器も見つかった。

   この物質は水によく溶ける液体で甘みがある。自動車の不凍液などに使われ、市販されているので入手は簡単だ。環境省の資料によると、体内に入るとめまいや意識混濁、腎障害を起こし、ネコの場合は体重1キロあたり1650ミリグラムが致死量だ。蒲田署は毒殺の可能性もあるとみて、動物愛護保護法違反で捜査をしている。

   保健所によると、同区内で猫の不審死が相次いだことは初めて。年間200~300件、野良猫のトラブルをめぐる問い合わせはあるが、直接事件に関連するものはないという。不審死は18日以降の報告はないため、一区切りついたと見ているが、大森西6丁目と蒲田2丁目を中心に区職員がパトロールを続けている。

   「猫の不審死が続いてるの 学校の近くじゃん」「もっとエスカレートして、殺人へと発展する可能性があるかもしれないのがもっと怖いよね」とツイッターなどで不安の声が広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中