2019年 3月 25日 (月)

報ステ・古舘氏の「慰安婦検証報道」批判 論調は朝日が検証記事で主張した中身と同じ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   朝日新聞の慰安婦報道検証をこれまで報じなかったテレ朝系「報道ステーション」が、朝日新聞社長会見後になって初めて取り上げた。キャスターの古舘伊知郎氏は「取材を続けていた」と釈明したが、なぜこんなに遅くなったのかとネット上で批判も相次いでいる。

   「まず最初にお届けするニュースです」。古舘伊知郎氏が2014年9月11日夜の番組冒頭でこう告げると、慰安婦検証などに当てた放送時間は約50分もの異例の長さになった。

「プロセスの説明がない」と朝日を批判

古舘氏も説明すべき?
古舘氏も説明すべき?

   番組では、朝日新聞の木村伊量社長らがこの日夕に謝罪会見した様子を流し、古舘氏は、その会見内容について次々に苦言を呈した。原発の吉田調書問題については、「なぜ記者が読み誤ったのか」と間違いのプロセスにきちっとした説明がなかったことを批判した。また、池上彰氏のコラム掲載見合わせ問題については、「やはりどうして見送ったのかというのをもっと詳しく聞きたかった」と注文をつけた。

   そして、いよいよ本題の慰安婦検証になると、今度はかなり皮肉を込めてこう述べた。

「私の印象ではありますが、主体が吉田調書であり、慰安婦問題に関する謝罪というのは、その後のいわば付け足しのように見えたという印象を正直持ちました」

   これは、慰安婦問題に焦点が当たるのを避けたのではというネット上でも多く見られた意見にもあったことだ。

   ところが、朝日の検証記事が出てから5週間にもなるのに、番組でこれまで報じてこなかったことについては、こう釈明しただけだった。

「この番組は、取材を続けておりました。そして、今日検証をさせていただくという運びになりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中