東京・大田区のネコ大量死に関与か プログラマーの33歳の男を逮捕

印刷

   東京都大田区でネコの死体が次々に見つかった事件で、区内在住のプログラマーの男(33)が2014年9月18日、動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで警視庁に逮捕されたことが分かった。

   報道によると、男はこの日未明、大田区内の駐車場でネコ1匹の首を絞めたうえ、路面にたたきつけた疑い。パトロール中の警察官が職務質問したところ、自転車の前かごにネコ4匹の死体が入っていた。区内では4月から、ネコ計45匹が不審死しており、男は「農薬などをエサに混ぜた」と関与を認めているという。動機については、ストレスと野良ネコへの不満からやったなどと供述している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中