FBに「3千円拾った」と書いて着服した女性教諭に勧告処分

印刷

   新潟県の20代女性教諭が拾った3000円を警察に届けず交流サイト「フェイスブック」に「3千円拾いました。大切に使います」などと書き込んでいたことがわかった。女性教諭がそれを認めたことで新潟県教育委員会は2014年9月18日に戒告処分にした。

   新潟県教育委員会によれば、女性教諭が3000円を拾い「フェイスブック」に書き込んだのは12年9月。外部から14年7月に教育委員会への通報があり調査したところ女性教諭の「フェイスブック」に問題の書き込みを見つけた。教諭は「浅はかなことをした」とそれを認めた。3000円は財布などに入っていたものではなくそのまま落ちていたもので、何に使ったかは覚えていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中