スコットランド独立 反対派が上回り否決

印刷

   スコットランドの独立の是非を問う住民投票が現地時間2014年9月18日に実施され、開票作業が進んでいるが、英BBCは反対が賛成を上回り独立が否決されるのが確実な情勢となったと報じている。

   BBCが伝える開票速報によると、日本時間19日15時現在でハイランド地方を除くすべての地域で開票作業が終わり、独立反対派が55%、賛成派が45%となった。仮にハイランド地方の全有権者がすべて賛成票を投じたとしても反対を上回ることがないため、スコットランドが英国にとどまることになるとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中