胃がんの8割がピロリ菌原因 

印刷

   世界保健機関(WHO)の専門機関である、国際がん研究機関の作業部会は2014年9月24日、胃がんの約8割はピロリ菌が原因とする報告書を発表した。ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を3~4割減らせる可能性があるという。胃がんは世界で年間約100万人が発症している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中