「ドカベン」香川伸行さん死去 52歳

印刷

   「ドカベン」の愛称で親しまれ、プロ野球南海(現ソフトバンク)で強打の捕手として活躍した香川伸行さんが2014年9月26日、心筋梗塞のため福岡県内で死去したと各紙が報じた。52歳だった。

   大阪・浪商高校(現大体大浪商高)時代に元横浜監督の牛島和彦さんとバッテリーを組み、1979年の春の甲子園で準優勝、夏の甲子園では3試合連続本塁打を記録した。水島新司さんの人気野球漫画の主人公に風貌などが似ていたことから「ドカベン」の愛称で親しまれた。79年のドラフトで2位指名を受け、南海に入団。89年に現役を引退した後は、野球解説者などを務めた。

   報道によると、香川さんは01年から腎臓を患い、ここ数年は人工透析治療も受けていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中