2018年 5月 21日 (月)

土井たか子氏死去 元衆院議長、元社民党党首

印刷

   女性として初めて衆院議長を務めた元社民党党首の土井たか子氏が2014年9月20日、肺炎で死去した。社民党が28日発表した。85歳だった。

   土井氏は大学講師などを経て1969年に日本社会党(当時)から出馬し初当選。86年に委員長に就任し、89年の参院選で自民党に大勝した際の名言「山が動いた」が有名だ。93年には女性初の衆院議長に就任。96年から2003年にかけて社民党党首を務めた。05年の衆院選で落選してからは政界から遠ざかっており、ここ数年は動静が報じられることも少なくなっていた。

福島瑞穂氏「政治の母親が亡くなったようで、本当にショック」

   「土井チルドレン」として知られる福島瑞穂前党首は11時過ぎ、ツイッターに

「護憲を貫き、女性政治家として、政治家として、戦後政治を牽引してきた人生でした。わたしは、1998年立候補を説得され、憲法を守るために立候補を決意しました。政治の母親が亡くなったようで、本当にショックです」

   と書き込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中