「ももいろクローバーZ」ファンが誰よりも涙した NHK朝ドラ「マッサン」が大好評な理由とは

印刷

   NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の第一回(2014年9月29日放送)の視聴率は関東地区が21.8%で関西地区が19.8%という好調なスタートを切った。関西地区では過去10年間で最高記録だったという(ビデオリサーチ調べ)。

   放送前から評判が高く、主演の玉山鉄二さん(34)、妻でヒロインのシャーロット・ケイト・フォックスさん(28)の似顔絵がネット上に出回った。ドラマが始まると「期待通りだった」と歓喜の声が挙がり、「始まってすぐに泣いた」人まで大量に現れた。この泣いた人たちの中には大人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファンも含まれていた。

「ももクロ」を脱退し女優に専念することを決めた

   とにかく第一回から、泣いてしまったという報告が多い。まず、「懐かしい風景 懐かしい人々」で始まる中島みゆきさんの主題歌「麦の歌」が心に響いて涙を流してしまう。そして、玉山さんとシャーロットさんが手を繋いで麦畑の中を走る姿が幻想的で、過去に置き忘れた何かを思い出しそうになって涙腺をくすぐられた、というのだ。

   時代は大正時代で、マッサンこと玉山さんは日本初の国産ウィスキーを造るためスコットランドへ留学し、そこで出会い結婚したのがエリーを演じるシャーロットさんという設定になっている。初めて日本の地を踏んだシャーロットさんの演技がけなげで可愛すぎて思わず泣いてしまったともいう。

   だが、泣いたのは歌やドラマに感動したということだけではなかった。主題歌が流れている時にキャストやスタッフの名前が出たのだが、ある視聴者はそれを見て泣いて、さらに役者が演技をしているその姿を見て泣いてしまった、と報告しているのだ。その役者とはマッサンの妹「亀山すみれ」役の早見あかりさん(19)だ。早見さんは「ももクロ」の元中心メンバーで、11年に脱退し女優の道に進んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中