実質賃金指数2.6%減 14か月連続マイナス 物価上昇に追いつかず

印刷

   現金給与総額に物価上昇分を加味した「実質賃金指数」が14か月連続で減少した。厚生労働省が2014年9月30日に、8月の毎月勤労統計調査(速報、5人以上の事業所)で明らかにした。実質賃金指数は前年同月に比べて2.6%減で、下げ幅は前月(1.7%減)より0.9ポイント拡大した。

   消費増税による物価上昇に、賃金アップが追いついていない状況が続いている。

   8月の毎月勤労統計調査によると、労働者が受け取ったすべての給与の平均額を示す「現金給与総額」は、前年同月比1.4%増の27万4744円となり、6か月連続で増加した。 基本給などの所定内給与は0.6%増の24万1875円で、3か月連続の増加。残業代などの所定外給与は1.8%増の1万9113円で、17か月連続の増加となった。

   一時金やボーナスを示す特別給与も、14.4%増の1万3756円だった。夏のボーナスの支給額が前年を上回ったことが底上げにつながった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中