2018年 11月 21日 (水)

エボラ熱、仏の女性看護師が退院 日本の薬で治癒の可能性

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   エボラ出血熱に感染したフランス人の女性看護師が、日本の製薬会社で富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」などを服用、治癒したとしてパリ近郊の病院を退院したことがわかった。仏保健省が2014年10月4日に発表した。

   エボラ出血熱の治療薬は確立しておらず、AFP通信などによると、仏保健省は未承認の薬3種類の投与を認めていた。その一つが富山化学の「アビガン」(一般名ファビピラビル)で、エボラ出血熱に効く可能性があるとされていた。治療は他の薬と併用された。

   女性看護師はリベリアで感染が発覚し、9月19日にパリ郊外の病院に搬送されていた。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中