2018年 11月 22日 (木)

iPhone6 Plusに「大きすぎる不満」 伊集院光「何かの拍子にぶん投げちゃう」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   米アップルの「アイフォーン(iPhone)6 Plus」は、画面サイズが5.5インチと「iPhone史上最大」だ。滑り出しは売れ行き好調なようだが、「大きすぎる」との不満も出ている。

   スマートフォン(スマホ)を片手で操作するのに慣れていた利用者が、大きさを持て余して使いにくいとため息を漏らしている。

片手で操作しきれない、通話時に耳に当てるのも違和感

これからもどんどん大きくなるか
これからもどんどん大きくなるか

   近年、スマホは大型化が進み「ファブレット」と呼ばれる5~7インチのサイズが人気を呼んでいる。5インチ超えとなったiPhone6 Plusもその仲間入りをしたが、初期モデル以降長らく3.5インチのサイズで親しまれていただけに「iPhoneらしさが失われたのでは」と首をかしげるファンもいる。

   お笑い芸人の伊集院光さんも、そのひとりのようだ。2014年10月6日放送のラジオ番組で、iPhone6 Plusに触れた。旅先で一緒に歩きながら会話していた番組プロデューサーから、「大きすぎる。片手で操作できない」と不満を訴えられ、伊集院さんも同意見だったという。2人が「6 Plus」を選んだ理由は、老眼だから画面が大きい方がいい、また同時発売した「6」と比べても大型なことから「なかなか手に入らないんじゃないか」と考えた点だったそうだ。だが、片手で持った状態で親指を画面斜め上に持っていこうとした場合に「多分何かの拍子にぶん投げちゃう」と笑った。もちろん異論はあるだろうし、両手で操作するものだと納得したうえで購入するなら問題ないとも述べた。

   大型化の賛否は、インターネット上にも少なからず出ている。既にファブレットを持つユーザーからは、慣れればかえって小さい画面にイライラするようになるとの指摘があった。最初から両手使いを想定していたから便利、写真や動画の閲覧、編集には大型画面が優れている、というのが賛成派の意見だ。

   東京都内勤務の40代男性に聞くと、1年前に、3.5インチサイズだった「iPhone 4S」から5インチの別のスマホに機種変更した。「iPhone 6 Plus」には及ばないが、「6」よりは大きい。片手で不自由なく操作可能で、今では「周囲でiPhoneを使っている人を見ると『小さいな』と感じます」と明かした。

   一方の反対派は、伊集院さんと同じく「片手では無理」との嘆きが多い。画面の端まで指が届かないというわけだ。通話の際、耳に当てるのに大きすぎて違和感ありとの感想もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中