2019年 3月 24日 (日)

アマゾンがネット通販用のポスト開発 日本郵便とタッグ、大きな投入口

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   インターネット通販大手のアマゾン・ジャパンが投入口を大きくした住宅用ポストを開発した。

   ネット通販で注文した小型の商品がポストに入らないケースが増えているためで、配達する日本郵便と共に設置に向けた支援策を打ち出すなど普及を急ぐ。

戸建て用は3万円強

個別ポストはネット通販の強い味方?(画像はアマゾンの商品紹介ページより)
個別ポストはネット通販の強い味方?(画像はアマゾンの商品紹介ページより)

   ポストはアマゾンと住宅設備メーカーが共同開発した。この2社に日本郵便を加えた3社は、配達効率を上げるために物流インフラを向上させることで合意しており、ポスト開発は「この取り組みの第1弾」(アマゾン)だという。

   開発されたポストは、戸建て住宅用と集合住宅用の2タイプ。投入口を大きくするなどしてアマゾンからの小型の商品のほとんどが入るよう設計されているという。

   戸建て住宅用は3万2080円(7日時点)で発売され、10月1日からアマゾンで取り扱いが始まる。集合住宅用はデベロッパーを通じて設置を進めていく。ただ、受領印が必要なような荷物は従来通り投函しない。

   ネット通販が普及するのに伴い、商品がポストに入らず、注文者の不在時には持ち帰って再配達するケースが増加している。アマゾンは小型の商品をメール便で配送しているが、ポストを共同開発した住宅設備メーカーによると、現状ではこれらメール便の「65%がポストに入らない」状況という。すぐに再配達してもらえないこともあるから注文者にも不満が残り、ネット通販のネックの一つになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中