「正露丸」類似訴訟 大幸薬品の敗訴が確定

印刷

   ラッパのマークで知られる胃腸薬「セイロガン糖衣A」を販売する大幸薬品(大阪府)が、商品名やパッケージの似た「正露丸糖衣S」を販売するキョクトウ(富山県)に表示の使用差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は2014年10月9日に上告を受理しない決定をし、大幸薬品の敗訴が確定した。複数紙が報じた。

   報道によると、1審、2審判決では「正露丸」が一般的な名称として広く使われていることや、キョクトウの製品パッケージにはラッパのマークがないことなどを踏まえ、大幸薬品の訴えを退けていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中