2018年 8月 16日 (木)

米シティグループ、日本など11か国で個人向け業務から撤退

印刷

   米シティグループは、収益面で苦戦している日本など11か国・地域の個人向け業務から撤退する。2014年10月14日に発表した。撤退の対象となった市場は、ペルーやパナマなど中南米6か国のほか、日本、エジプト、チェコ共和国、ハンガリー、米領グアム。これらの国・地域での過去1年間の収入は16億ドルだが、純利益は3400万ドル、利益率は0.11%にとどまっている。

   ただ、いずれの市場でも法人向け業務は継続する。日本市場については、すでに複数の邦銀とのあいだで店舗や資産の売却交渉に入っているとの情報もある。

   11か国・地域からの撤退後、シティグループが個人向け事業を展開するのは24か国となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中