2019年 11月 22日 (金)

楽天があえて大久保氏を監督に抜擢した理由  「試合をプラン立てて考える」数少ない人材だから

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「常勝軍団を作りたい」――。大久保博元・楽天イーグルス新監督は2014年10月14日の就任会見で力強く宣言した。

   ただ、発表直前にはインターネット上で「一軍監督就任反対」の署名運動が起きるなど異を唱えるファンもいる。大久保氏の起用を決断した球団の考えは何だったのか。

チーム内での経験、実績を評価

新たに就任した大久保新監督
新たに就任した大久保新監督

   大久保氏は本拠地・楽天Koboスタジアム(仙台市)で行われた就任会見に立花陽三球団社長とともに出席した。2軍の練習、試合が行われている宮崎で、この日朝になって初めて正式に就任の打診があったと明かした。「俺、本当にやんのかなぁ」と考えながら移動したと振り返り、突然の監督就任だったと認める。

   抱負を聞かれ、「星野(仙一)さんの後だからプレッシャーはある。そのために命と体をかけて常勝軍団を作りたい」と宣言した。報道陣からファンへのメッセージを求められると、表情は固くなり、「厳しい見方はある」と認め、「不安だったり、色んな思いがあったりすると思う。チャンスをもらったファンのみなさまに恩返しをするには優勝するしかない。最後に笑っていただきたい」と話した。

   大久保氏が退場し、球団の編成や人事に携わる安部井寛チーム統括本部長が記者の質問に答えた。大久保氏以外にも後任候補は複数人いたと明かし、「外部からではチームを知ってもらうのに半年程度の時間がかかる。打撃コーチ、2軍監督の経験がある大久保氏の内部昇格が妥当だと判断しました。1年目から結果を出していただきたい」と説明した。星野監督の退任発表直後から「本命」報道がありながら、正式発表が遅れたことについては「球団内の色んな議論に時間がかかった」と釈明した。

   会見後、安部井部長はJ-CASTニュースの単独取材に応じ、監督就任への反対署名については、「球団としても知っていました」と明かす。大久保氏自身も反対署名についてはネットニュースで知っていたという。

   一部ファンから反発があることを認めながら、なぜ球団は同氏の抜擢に踏み切ったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中