2019年 12月 13日 (金)

楽天があえて大久保氏を監督に抜擢した理由  「試合をプラン立てて考える」数少ない人材だから

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「勝敗の要因を分析、議論できる数少ない人材」

単独取材に応じた安部井チーム統括
単独取材に応じた安部井チーム統括

   安部井部長は「大久保氏は試合をプラン立てて考えることができます。勝敗の要因についてしっかり分析でき、監督の立場でそれをコーチ、選手たちにぶつけて議論することができます。野球界では数少ない人材です」と評価ポイントを挙げる。

   今シーズン、星野監督が病気のため戦列を離れていた時期の監督代行としての仕事ぶりも評価する。首脳陣と選手の責任を明確にするなど、選手がプレーしやすい環境を作っていたという。

   厳しい視線を送るファンが少なくないことは承知している。

   「しかし、本人も監督としての責任を自覚しています。ファンが球場に足を運んでくれるのかどうか、信頼を回復するには言葉で説明するだけでなく、チームをどんな方向に導いていくのか、彼のチームマネジメント次第です」と語る。そして何よりも「大久保氏の手腕、実績を買っての起用」と強調した。

「大久保監督は、何事にもまずはトライしてみようという、柔軟な野球観を持っています。他球団からも評価が高い楽天2軍チームでの徹底した指導実績に加え、スポーツ医学にも精通していて多彩な指導法を持ち合わせており、計画的な選手育成も上手です」

   前任の星野監督と同じく、グラウンドに立つとコーチ・選手・スタッフに張り詰めた空気を作れる存在感がありながら、一生懸命やっている選手にはグランド外でもケアしようとする姿勢も評価のポイントだという。

「ベテラン・若手の区別なく、選手とは積極的にコミュニケーションをとっています。ベテラン選手には敬意を払い自主性を重んじ、外国人選手には通訳を介さず話しかける優れた社交性をお持ちです」

   今シーズンはリーグ最下位に低迷した。それだけに新監督の手腕への期待は大きい。

「これからは新監督も球団も真の力が試されます。東北のファンのために日本一を取り戻さないといけない。ファンの方々に見直してもらえるよう、フロントも選手獲得など、全力を挙げてサポートしていきたい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中