2018年 12月 13日 (木)

「ネットは荒れる」松本人志予想が当たる 「キングオブコント」の審査方法に非難轟轟

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   コント芸日本一を決める「キングオブコント2014」のファイナルが2013年10月13日にTBS系で生放送され、お笑いコンビ「シソンヌ」が栄光を手にした。しかし今回も「審査方法が間違っている」といった批判が殺到することになった。

   この「キングオブコント」の優勝者選びについては採点に公平性が欠ける、などの批判が出て、今回から審査方法が一騎打ち形式に大幅に変更された。司会の「ダウンタウン」松本人志さん(51)が番組の冒頭で「どんな決め方をしてもネットは荒れるんですけどね」などと発言していたが、その通りになってしまった。

「チョコレートプラネット」に不利すぎる展開だ

   これまで、大会のファイナルには8組が進出し、それぞれが披露した2つのコントの採点の合計で優勝が決まった。採点は大会の準決勝で敗れた芸人100人が行った。しかし、事務所の先輩や後輩を採点するのでは公平性に欠けるのではないか、といった批判があった。

   今回は10組がファイナルに進出し、採点方式ではなくグループ対グループの一騎打ち方式になった。審査したのは準決勝で敗れた芸人101人で、2組のうちどちらが面白かったかをジャッジした。

   最も批判を浴びることになったのは一次で勝ち上がった5組から優勝者を決める方法だった。一騎打ち方式には変わりはないが、最初の対戦で勝った組がまず「暫定王者」となり、そこに残りの3組が順番に挑んで最後に勝った組が優勝という流れだった。ただし披露するコント芸は各グループ1回のみ。

   一回戦では「チョコレートプラネット」が「バンビーノ」に勝ち暫定王者となった。2回戦、3回戦も「チョコレートプラネット」が「犬の心」「ラバーガール」を打ち破った。このまま「チョコレートプラネット」が優勝と思われたが最後に登場した「シソンヌ」に敗れ「シソンヌ」の優勝が決まった。

   これが放送終了後に番組への非難が噴出する原因となった。「チョコレートプラネット」に不利すぎる展開だ、とか、一番面白くなかった「シソンヌ」がなぜ優勝できたのか、とか、

「今まで通りの採点でよかったのでは?これじゃあ順位がわからない」
「ファイナルに残れない芸人の審査なんて当てにならない」

といった感想も出た。

「100点満点の決め方はない。やってみなければ分からない」

   実は今回の審査方法について司会の松本さんも不安だったようだ。番組の冒頭で審査方法の変更が説明された際に、

「どんな決め方をしようがネットは荒れるんですけどね。100点満点の決め方はないんですよ。公平性があるのかどうか、やってみなければ分からない」

などと語っていた。最後の5組が対戦する順番が抽選で決まる際には各チームともに1番最初になることは避けたいと騒ぎ出して、「1番じゃダメですよ。4番がいいです」などと主張する芸人もいた。松本さんも一番はかわいそうだとし、「印象を強く付けた方が有利」などとアドバイスしていた。ナレーションも、

「4連続で勝つには、圧倒的なインパクトが必要!!」

などと力説していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中