入間市の路上で女子大生が刺殺 出頭した容疑者「誰でもよかった」

印刷

   2014年10月15日23時ごろ、埼玉県入間市の路上で女子大学生が刃物で刺殺される事件があり、県警は16日未明に出頭した私立大学2年生、沼田雄介容疑者(20)を殺人容疑で逮捕した。

   各紙の報道をまとめると、亡くなったのは別の私立大学に通う佐藤静香さん(21)。2人に面識はなく、沼田容疑者は「(佐藤さんがアルバイト先の)店を出るところからつけた。誰でもよかった」などと供述しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中