2019年 2月 17日 (日)

原発汚染水処理の設備増強 年度内に36万トンの処理目指す

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京電力福島第1原発の汚染水処理対策として、「多核種除去設備(ALPS)」の増設と、高性能型ALPSの新設が完了し、2014年10月16日に公開された。

   ALPSは、汚染水に含まれている放射性物質のうちトリチウムを除く62種類を取り除くことができる。新型では廃棄物の量が減り、故障も起きにくいという。東電は、2015年3月末をめどに地上タンクに保管されている約36万トンの汚染水処理を終わらせたいとしている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中