2018年 9月 23日 (日)

ナイジェリアのエボラ出血熱感染が終息

印刷

   世界保健機関(WHO)は公式ホームページトップで、ナイジェリアのエボラ出血熱の感染が終息したと2014年10月20日に発表した。

   同国ではリベリアの渡航者からウイルスが広がり14年9月8日までに20人が感染、うち8人が死亡した。その後、ウイルスの最長潜伏期間である21日間の2倍の42日の間に新たな感染者が出なかったため流行が終息したと解釈した。感染者の追跡と適切な封じ込みが実を結んだとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中