ナイジェリアのエボラ出血熱感染が終息

印刷

   世界保健機関(WHO)は公式ホームページトップで、ナイジェリアのエボラ出血熱の感染が終息したと2014年10月20日に発表した。

   同国ではリベリアの渡航者からウイルスが広がり14年9月8日までに20人が感染、うち8人が死亡した。その後、ウイルスの最長潜伏期間である21日間の2倍の42日の間に新たな感染者が出なかったため流行が終息したと解釈した。感染者の追跡と適切な封じ込みが実を結んだとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中