2021年 8月 6日 (金)

山下智久の器物損壊容疑は起訴されない? 共同通信やフジテレビが「書類送検」避ける

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ジャニーズ事務所に所属する俳優で歌手の山下智久さん(29)が六本木で起こしたトラブルをめぐり、報道各社の表現が割れている。一般的に警察は犯罪捜査をした場合、仮に容疑者を逮捕しなかった場合や罪に問えないと判断した場合でも、捜査書類や証拠物を検察に送ることになっている。これを報道各社では「書類送検」として報じているが、山下さんのケースで登場したのは「書類送付」という言葉。

   耳慣れない言葉なだけに、「ジャニーズに遠慮したのか」といったうがった見方も相次いだ。「書類送付」と「書類送検」、どう違うのか。

口論を撮影した女性から携帯電話を取り上げる

   事件の概要は、2014年6月、山下さんが歌手仲間の赤西仁さん(30)や錦戸亮さん(29)と飲酒した後に東京・六本木の路上で通行人の男女と口論になり、口論の様子を女性が携帯電話で撮影したところ、山下さんは女性から携帯電話と取り上げて持ち去ったというもの。

   女性は被害届を警視庁に提出し、警視庁が山下さんから事情を聞くなどして捜査を進めていた。携帯電話は物理的には破損しておらず、所属事務所関係者が警視庁に届け、女性のもとに戻ったという。

   警視庁はこの事件に関連して、10月21日午前になって器物損壊の容疑で東京地検に書類を送った。山下さんと女性との間で示談が成立しているとみられ、起訴はされない見通しだ。

   各社が一連の経緯を報じるなかで、表現が「書類送検」と「書類送付」とで分かれた。「書類送付」と報じたのは共同通信、東京新聞、フジテレビ。

   東京新聞は同日朝刊の段階で「警視庁は21日にも器物損壊の疑いで、山下さんの捜査結果を東京地検に書類送付する方針を固めた」と見通しを報じており、共同通信も「捜査結果の書類を東京地検に送付した」と追いかけた。

   フジテレビは10月21日午前の「FNNスピーク」、同夕方の「スーパーニュース」、10月22日朝の「めざましテレビ」の少なくとも3回にわたって「送付」の表現を使いながら報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中